Home / イベント / ニコンカレッジ / [6]ニコンカレッジの水族館講座

[6]ニコンカレッジの水族館講座

パワーアップしたニコンカレッジの

「水族館講座」

 

改めて情報をインプット頂きました!!

 

 

【クラゲ写真】

クラゲの身体は半透明のため、逆光で撮ると美しさが際立ちます ♪

 

とくに、照明の前を通る個体を撮ることで、逆光効果となって美しさが一層出ます!!

 

 

 カメラ:Nikon D5

 

 


カメラ:Nikon D5

 

 

【クマノミなど、サンゴ礁の中にいる魚】

 

サンゴ礁の中にいる魚は、熱帯魚が多く、魚単体でもカラフルですが、

サンゴ礁やイソギンチャクの中で一緒に撮る場合には同系色を避けると一層、魚の美しさが際立ちます。

 

 


カメラ:Nikon D850

 

 


カメラ:Nikon D5

 

 

カメラの設定、

水族館の室内で撮影をする場合は、

ピクチャーコントロール:風景
露出補正:マイナス0.3(暗い所を暗く落としこむためにも、マイナス補正をデフォルトとする)

 

モノクロでクラゲを撮るとアート作品のようになって、面白い作品に仕上がります!

モノクロでクラゲを取る場合には、アクティブDライティングを弱めにして明暗の差をハッキリとさせると良いです。

 

水族館写真を取る場合は、
過渡な画像編集はしないほうが良い。(人それぞれ好みはあると思いますが・・)

RAWで撮って画像編集をする場合には、
水中のゴミを消すくらいにする。

色味は露出補正とピクチャーコントロールとアクティブDライティングでコントロールする。

見た目に近い色味に、ほんの少し派手さを追加するくらいにしておく。

 

 


カメラ:Nikon D5

 

 


カメラ:Nikon D5

 

 

今回リニューアルされた水族館講座は、

実習で訪れる予定の水族館での撮影のオススメポイントと
写真のコツまで教えてもらえる ♪

 

今回は「池袋水族館」!!

 

これなら実際の撮影の練習も行いやすいですよね!!

 

 

2017年9月16日には、「[6]秋晴れの空の下、丸の内を散策!」なんて記事を書いていました!

 

いつも応援クリックをありがとうございます。
↓ 是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!
にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

 


スナップ写真 ブログランキングへ

 

About モカ

誰でも撮れる写真をアップしています!!

Check Also

[6]鴨川シーワールドのシャチと飼育員さんとの信頼関係

鴨川シーワールドのアイドル シャチを撮影!! イルカとは全く違った、迫力と力強さ、愛くるしさを感じます!!

良かったらコメントをお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。